フォーミュラD - Formula D

GameDesigner:エリック・ランダール - Eric Randall


用意された車は5チーム全10台。プレイヤーはその中の1台のドライバーになり、F1グランプリに挑む。車を走らせるためには、ダイス振って目の数のマス分前進させる。このゲームには、車の変速ギアの概念があり、1速は4面体、2速は6面体、3速は8面体、4速は10面体、5速は20面体、6速は30面体のダイスを使用し、加速は1ターンに1段階ずつしか変速できない。また、車体の消耗の概念があり、高速ギアでコーナーに突っ込んだり、急ブレーキをかけると車体が消耗し、消耗ポイントを消費すると車が壊れてリタイアという事態もありうる。
過酷なレースを制するためには、ある程度のリスクも覚悟しなければならないが、周回ごとにピット・ストップのチャンスがあり、そこである程度の消耗が回復可能。他にも、接触リスクやスリップストリームの概念、選択ルールでスターティング・グリッドを決める予選や天候によるタイヤ選択などもあり、リアルなレースも再現できる。ゲームボードには、モナコGPのコースと、公道レースのコースが片面ずつ印刷されている。また、今柵で追加された公道レースでは用意してあるドライバーごとに違った能力があり、さらにエキサイトなレースも楽しめる。 フォーミュラD
8才〜  2人〜10人  60min